フィンランド人の合理的でクリエイティブな社会 - 街のリズムと調和


大久保 慈



江頭 摩耶



細井 唯


「良い音楽って何ですか」と聞かれたらどう答えますか?
少し困ってしまうかもしれません。
「良い建築は何ですか」という問いの答えも同じように難しいものです。
今回お話しするフィンランドという国の都市や建築、社会、ライフスタイルなどを通じて
そんな答えのかけらを探す、きっかけにしていただけたら幸いです。

9月13日(金)19:00
会場:日比谷図書文化館(スタジオプラス)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)

入場料:1,000円(会員)  2,000円(会員外)


<講師略歴>
建築家。1974年生まれ。1998年明治大学理工学部建築学科卒業。2009年 ヘルシンキ工科大学(現アールト大学)建築修士修了。1999~2012年フィンランド在住にてR-H Laakso、JKMM、K2Sなどの現地事務所勤務の後、2012年 から日本に活動拠点を移す。フィンランド建築家組合 (SAFA)正会員。
著書に 「クリエイティブ・フィンランド-建築・都市・プロダクトのデザイン(学芸出版社)
http://www.megumiokubo.com

コンサートもあわせて行われます。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

江頭 摩耶 バイオリン
細井 唯 チェロ
Xenakis:Dhipli zyia for violin and cello
Ligeti:Hommage a Hilding Rosenberg for violin and cello
Sallinen:Canto for violin

江頭 摩耶 (ヴァイオリン・ヴィオラ)
名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て愛知県立芸術大学音楽学部を共に首席で卒業。桑原賞、中村桃子賞を受賞。中部読売新人コンサートに出演。2008年にフィンランド国立シベリウスアカデミーを最優秀の成績で卒業。クオピオ市交響楽団首席奏者、ラハティ市交響楽団第二ヴァイオリン奏者、シベリウスアカデミー非常勤講師(以上フィンランド)、ポルト・カサダムジカ交響楽団(ポルトガル)第二コンサートマスターを歴任し、現在愛知県立芸術大学非常勤講師。ゲストコンサートマスターとしてヨーエンスー市交響楽団、オウル市交響楽団(以上フィンランド)、ポルト・カサダムジカ交響楽団(ポルトガル)、ノールランドオペラ(スウェーデン)に客演。ヴィオラ奏者としても室内楽を中心に精力的に活動している。

細井 唯 (チェロ)
2008年第54回鎌倉学生音楽コンクールチェロ部門第1位及び野村光一賞受賞。
2010年より現代音楽を主な活動分野とするロリエ弦楽四重奏団に参加。
同カルテットで学内オーディション合格者によるソロ・室内楽定期演奏会に参加。また、プロジェクトQ・第10章に参加。
アレクサンダー・ヒュルスホフ、ウェン=シン・ヤン、鈴木秀美、各氏のマスタークラスを受講。
これまでにチェロを久保田顕、佐藤明、久武麻子、苅田雅治、ドミトリー・フェイギンの各氏に師事。
現在東京音楽大学4年在学。


2.jpg 3.jpg

ご予約は日本・フィンランド新音楽協会事務局宛にお葉書、お電話、Eメールにてお申込ください。
日本・フィンランド新音楽協会事務局(福士)〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田1-11-3 B-205
Tel: 080-4343-1546
jfcmsociety@gmail.com



第3回演奏会&"PHOTO TALK"


Akira Kinoshita


日時 2013年2月26日(火)開場 17:30
  
18:00~18:45
木之下 晃氏 "PHOTO TALK"
「フィンランドの芸術家のONとOFF」

 
19:00~20:00 演奏会

◇作品 
ハーパネン、エングルンド、
コルテカンガス、一柳慧 他

◇演奏 
大石将紀(サクソフォン)、はざた雅子(カンテレ)、
永井由里(ヴァイオリン)、水月恵美子(ピアノ)、
泉真由(フルート)、伊藤めぐみ(クラリネット)、飯野明日香(ピアノ)

20:00~21:00 レセプション 

場所 駐日フィンランド大使館
(東京メトロ日比谷線 広尾駅徒歩約10分)



講演会:越智 淳子氏 「戦後日米文化交流の変遷―ジェンダーの視点から―」


越智 淳子



木埜下 大祐 フルート



山田 岳 ギター 


2012年6月12日(火)19:00
会場:日比谷図書文化館(スタジオプラス)
千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
入場料:1,000円(会員)  2,000円(会員外)

日米間の文化交流は、日本の敗戦によって終わった戦後の65年間、その規模と多様性と深さにおいて、類をみない進展があり、それは今なお継続している。これらの交流から、日本のアメリカ化、米国の日本化はどう進んだか、あるいは進んでいないのか?そもそも相互影響やそれぞれの社会変化は何を意味するのか?この問いかけのもとに、科学技術、政治経済領域の知的交流から、映画、テレビ、そしてサブカルチャーから生活文化に至るまで幅広い分野で、日米文化交流の一望を試みる。と同時に、より具体的な一つの視点、ジェンダーという視座からできるだけ広く眺めてみる。すると、そこには、絶えざる変化とジェンダー間の緊張と相互影響が、日米双方に見出せる。そしてジェンダーの理念はまた、日米関係そのものを反映していることを。
<講師略歴>
早稲田大学第一政経学部卒。フリーランスジャーナリストとして毎日新聞出版部、政治部などで仕事の後、ジャパンエコー社(英文出版社)勤務。1980年外務省入省と同時に在シカゴ総領事館にて広報文化を担当。以後、在外勤務では英国、ノルウエー、ハンガリー、フィンランドの日本大使館で広報、日本紹介、文化交流に携わる。海外での日本文化紹介事業としては最大規模のジャパンフェスティバル1991(英国)に一貫して関与し、ノルウエーでは、オスロのウルティマ現代音楽フェスティバル日本特集の実現に関与するなど、各国で伝統文化から現代作品まで日本文化を幅広く紹介してきた。外務本省では、国際報道課、西欧第二課、人権難民課に勤務。国連環境計画(UNEP)国際環境技術センター(IETC)上級審議官(2003~2005年)。在ポートランド日本総領事館を最後に外務省退職。その後、ポートランド州立大学国際客員講師、ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所日米関係プログラム研究員(2009~2010)。現在、早稲田大学アジア研究機構アジア・北米研究所客員研究員。国際交流、文化交流に関し、講演、助言、協力等を行っている。

コンサートもあわせて行われます。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

木埜下 大祐 フルート / 山田 岳 ギター
木埜下大祐:呉剛(世界初演) 武満徹:海へ


 
ご予約は日本・フィンランド新音楽協会事務局宛にお葉書、お電話、Eメールにてお申込ください。
日本・フィンランド新音楽協会事務局(福士)〒225-0014 神奈川県横浜市青葉区荏田1-11-3 B-205
Tel: 080-4343-1546